ニシムの往還道

1kmも走れなかった超不健康人間が市民ランナーへ変身!最近はウルトラマラソンにハマってます。
ニシムの往還道 TOP  >  2016年05月

第28回 萩往還マラニック250km 完踏記2016(平成28年)その1

こんにちはニシムです

平成28年5月2日~4日

萩往還マラニック大会250kmの部に参加して来ました。


5年前...
初めて70kmを走った時には250kmの選手は、輝きを放ち
神の領域にいる人達に見えていました。

自分には無縁な世界だと思っていましたが、
まさか自分が選手になる日がくるとは、
夢にも思っていませんでした!

走るからには一発合格したいと思い、色々な方の体験記などの
ログを読み漁り、徹底的に準備しました。

攻略の糸口はありました。
攻略(携帯品・装備品)


元の特権
練習は試走を兼ねてロング走や夜間走をやりました。

グーグルのストリートビューも活用し、
コースは全て頭と身体に叩きこみました。


そんな訳で、憧れの大会!
かなり研究して本番に挑みました。


スタート前
ネームプレートやライトなどの
装備品のモデルランナーとして芹澤会長に呼ばれました。

(浅沼さん撮影)

会長に呼ばれた時はジでビビリました(笑)

 香山公園 スタート
 《2日》18:00

第1ウェーブをゲット出来ました。ほぼ先頭でスタートです。


えいえいおー!でスタートです!

長い旅の始まりです★彡


ウルトラで飛ばしちゃいけないのは
分かっているんですが先頭集団について行きました(笑)

僕は6番手で10kmを走ってます。

キロ6分ペースぐらいです。明らかに飛ばし過ぎですね。

 上郷エイド 13.2km
 《2日》19:19



ここから峠を越えて美祢市へ向かいます。

この辺りから多くのランナーに抜かれはじめます。

ただ、僕より前にいた先頭集団の5人は
ペースダウンしていたので全員抜き去りました。


10km~15kmに一度はジェルを取るように心掛けていました!

 湯ノ口エイド 21.8km
 《2日》20:14



(宮内組長さん撮影)

かなり汗をかいてます。

飛ばしていたこともありましたが、
この日の気温は結構かったです。

この辺りで20番手ぐらいだったらしいです。


  下郷駐輪場エイド 27.8km
 《2日 》20:55

自覚は全くしてませんでしたが、
まだ6分ペースで走ってるみたいです。

ここのエイドの近くがわたしの地元と言うこともあり、
長女の友達親子がボランティアをされてました★

しっかりと応援して頂きパワーをもらいました!

  美祢高校前エイド32.0km
 《2日》21:29


名物のレモンの蜂蜜漬けを頂きました!

最高なんですが手がベタベタになりました!

ペットボトルの水で手を洗いながら走りました(^_^;)

6分ペースで走っているんですが
エイドからエイドの間、2~3名に抜かれる感じで走ってます。

  西寺エイド 44.0km
 《2日 》22:40



美人な方ばかりのエイドでした。
シャイな私はコップ一杯の水を飲んで出発しました。

隣にあるヤマザキのコンビニもスルーして
少し走った所で自分のミスに気が付きました。

水を持っていない!!!

ここから約15kmは自販機が無いハズ!

私設エイドか奇跡的に自販機が
あることを祈りながら走りました。

ゴルフ場付近の登り坂は真っ暗でした。

前後を見てもランナーは1人もいませんでした。

地元民なので道には自信がありましたが
ここまでランナーがいないと不安で仕方なかったです。


給水出来ない状態ですがジェルは持ってますので補給してますが

水なしで飲むと喉が焼けます(涙)

余計に喉が渇いてしまいましたが
水になるよりはマシでしょう!

ランナーも会えない状態で不安なまま走り続けました。

10kmぐらい進んだ所で2人組のランナーに追いつきました。

2人組もコースミスしていないか不安でランナーが
来るのを待っていたようです。

県道下関長門線にぶつかるまで3人で走りました。


県道に出ると待望の自動販売機を発見!
(結局ここまでエイドも自販機もなかったです)

水とリアルゴールドを飲んでようやく生き返りました!!

 CP1豊田湖畔公園 58.7km
《3日 》0:30(関門3:30)

28番手で到着しました。

ここでは萩往還250km完踏者のレジェンドランナーの
リッツさんがスタッフで仕事されていました。

ルーキーの僕には序盤で飛ばし過ぎてるから
スピードを落とす様にとアドバイスをしてくれました。


(リッツさん撮影)

ただ、練習でも60km辺りで足が止まるので、
スピードは勝手に落ちるハズです。

だから逆に行ける所までマイペースで行くことにしました。


このエイドでは食券を出してうどんとおにぎりを頂きます!


ここからはわりとフラットな道で俵山温泉を目指します。

  俵山エイド 67.1km
《3日》 1:39


三猿饅頭を頂きました!

ここで偶然
仕事でもお会いする萩往還250kmベテランランナー
N主査とお会いしました。

砂利ケ峠~新大坊とN主査とお話しながら走りました。

足が止まる60kmを過ぎましたが
長い下りだったので何とか走りきり新大坊エイドへ★彡

  新大坊エイド 79.8km
《3日》 3:18



5時までに到着する予定でしたが、随分速く到着できました。

この時間からありえないぐらい風が強くなり
ボランティアのみんなでテントを抑えている状態です。

N主査と一緒にエイド名物の湯豆腐をいただきました。

ポン酢をかけようとすると風でポン酢が飛び散る次第で、、、
ありえない暴風でした。

ボランティアの方は本当に大変だったと思います。

N主査とはここで別れて先へ進みました。

  CP2旧油谷中学校 87.1km
《3日》4:18(関門8:30)



預けた荷物をもらいました。
ほとんどがジェルの補充です。

強壮ドリンクを入れていたので一気に飲み干しました!

隣にある海湧食堂で牛丼をいただきました。


この時間帯に牛丼を食べることがキツイって
思いながら食べてました。

しかし、
しっかり食べたおかげで俵島までの道のりは
元気がでたように思います。(強壮ドリンクの効果かも?)

俵島までの道のりは、坂道も増えてきました。

萩往還の攻略法の1つですが
登り坂は歩きに徹して足を休ませて
走れるところを走るようにします。

  CP3俵島 98.5km
《3日》6:05



約100kmを食事や装備補給しながら12時間でやってきました。

四万十川のレースでも100kmを12時間45分かかったのに
今日は上出来過ぎます。

不思議ですっ!!!

アドレナリン全開だからでしょうかね。

でも走るのはツラかったですよ~

睡魔がなかったのが救いです。


俵島を一周した頃から雨が降りはじめました。

風も強くなり本格的な暴風雨に

まるで台風です。

まともにに進めません。

とりあえずカッパを着て走ることに、、、

この状態が8時間も続くなんて
この時は思ってもみませんでした(涙)

 CP4川尻岬・沖田食堂 107.8km
《3日》7:28(関門12:30)



カレー美味しかったです!量もぴったり

この先は暴風雨のため写真が撮れません!


 CP5立石観音 117.8km
《3日》9:02


暴風雨でシューズが濡れてますが、
マメも出来ず順調に来てます。

次は、ここの海抜ゼロから標高330mの千畳敷を登ります。

激坂のため、ここからストックを装備しました。

 CP6千畳敷 125.4km
《3日》10:33


暴風雨の中、激坂を登りました。

千畳敷には当たり前ですが観光客1人もいません。

チェックポイント
立ってることも難しいです!

チェックシートが風で飛ばされそうなので
慎重に取り出してチェックをしました。

千畳敷から降る最中に道路反対側の大木が
風で根元から折れ恐怖でした。


 日置エイド 131.2km
《3日》11:25

ここでは中学生達のボランティアが
カップラーメンを作ってくれます。

身体は冷えきってお腹も空いていましたが

ずぶ濡れなので、カッパを脱いだりすること自体が
面倒だったのでバナナだけ食べて先を急ぎました。


 CP7湯本温泉エイド 144.6km
《3日》13:47

正明市の交差点から湯本の往路が最強に雨風が酷かったです!

道路標識がれていました。

風で身体か浮く状態が何度もありました、、、


こんな強風の中で何時間も走る体験など
生無いと思います。

あるで意味貴重な体験かも!

湯本からの復路は逆に追い風になります。

走らずでも風が押してくれるので超楽ちん❤︎

自分が復路を走る時間帯で
風向きが変わったらどうしようと
ドキドキしながら復路を走りましたが
強い追い風のまま走りきれて安心しました。

ここから仙崎公園に向かいました。

仙崎公園には35番手で到着しましたが、
僕の2人先で青海島行きは
高潮のため通行止めとなりました。

この暴風雨のせいで体力、体温、
そしてコースの一部が削られてしまいました。

と言う訳で例年とは全く違った条件でのレースとなりました。


つづく


つづきもお願いします❤︎

マラソン・ジョギングランキング
このブログは現在何位でしょうか?
応援よろしくお願いします

第28回 萩往還マラニック250km 完踏記2016(平成28年)その2

 宗頭文化センター 176.2km
《3日》17:00(関門4日4:00)


ようやくがあがりました。

散々痛められた雨ですが、終日、雨に打たれていたおかげで
睡魔はほとんどありませんでした。


宗頭では食事をしました。
味噌汁が最高に美味かったです!


雨で身体が冷えきっていたので風呂に入ることにしました。

髭剃りを携帯してたので、髭を剃りサッパリに

風呂をあがり仮眠室となっている体育館に行ってみました。

仮眠と荷物の受け渡しが同じなので
体育館はかなりうるさく寝れる状態ではありませんでした。

結局寝ることなく着替えと荷物の補充をして
1時間40分滞在し、18時40分に出発しました。

疲れはもちろん取れませんが、
風呂に入って少しは元気になれました。

 CP9藤井商店 179.5km
《3日》19:10



ここからの道のりは
危険(崖、お化け、暗闇)なルートが多く、
数名で進むことを推奨されてます。

しかし、
スピードが出ない足で他の人に迷惑をかけたくないことから
1人でマイペースに進むことにしました。

コースは夜間走を練習しているので不安はありませんでした!

 CP10三見駅 188.6km
《3日》20:44



三見駅から更に怖い道が続きます。

そこで3人組に追いつかれました。
合流して玉江駅まで行きました。

玉江駅あたりから3人組が突然睡魔に
襲われて動けなくなりましたので1人で先を進むことに。

睡魔こわい!

 CP11浜崎緑地公園 198.5km
《3日》22:54



この先、突然睡魔が襲ってきました。

まともにめません。

標識など木が動いているような幻覚が見えます。

多分ふらふらだったと思います。

東京の角田サンに声をかけてもらい正気を取り戻しました。

話をしながら進むと少しはマシになりましたが、
睡魔が取れることはありません。

角田サンにも、この辺りから睡魔が襲います。

2人してふらふらでした、、、

虎ケ崎までの道のり約9km
2時間かけて進みましたが、とてもツラかった。長かった、、、


 CP12虎ヶ崎・つばきの館 207.4km
《4日》1:00(関門13:00)


食事をせずに奥の部屋で仮眠を取ることに。

座敷にはたくさんのランナーが寝ていました。

長く寝ると足が固まると嫌なのでテーブルで仮眠をとりました。

しかし5分で目が覚めてしまいました。
角田サンも同じく。

名物カレーをいただきました。


少し辛めで最高に美味いんですが
この時間滞のカレーは結構ツライものがありました。

満腹になったこともあり金照苑までの道のりは
角田サンとまた睡魔と闘いです。

2人して、ふらふらでみました。

セミナーでの説明では虎ケ崎からゴールの42kmは
一般的に10時間はかかると言われていました。

自分に当てはめると
計算では11時頃にゴールする予定ですね。

 CP13金照苑・東光寺 215.7km
《4日》推定3:30


2人とも睡魔限界です。

金照苑でチェックを終えた後、
そのままアスファルトの上で倒れるように寝ました。

しかし、外は冷え込んでいることと、
次にチェックに来る人の足音で、またも5分で目が覚めました。


 CP14陶芸の村公園 216.6km
《4日》推定3:50


最後のチェックを終えました。

少し進み、萩市内に着くと角田サン
睡魔がとれないので仮眠すると言うことで
ここでお別れしました。

このあと角田サンは結局眠れず
ワタシのあとを追ったらしいですが、
峠越えをするための食料を買いに
コンビニに立ち寄ったワタシとは入れ違いとなり
合流出来ませんでした。

結果、角田サンは僕より1時間30分は速くゴールしてました。

後から知りましたが、もっと速くゴール出来ていれば
70kmも走るダブルエントリーの予定の凄い方だったみたいです。

 旧村田蒲鉾店エイド 220.6km
《4日》時間不明

エイドは8時からなのでまだ誰もいませんが、この辺りから140kmの選手とすれ違います。

「おかえりなさい」と声をかけてもらったり、拍手されたり、、、

まさか自分がされる日が来るとは、、、
感無量でした!


この先、一升谷に入ります。
140kmや70kmで参加した時はキツかったコースですが

声援もあり、ゴールが射程圏内であること、
また時間に追われていない状態だったので
思ったより楽に登れました。

一升谷は250kmが1番に登れました。


この辺りから明るくなってきました。
太陽の光を浴びて睡魔がなくなりました^_−☆


明木エイドは140kmの選手でごった返していたので
スルーしました!


次の佐々並エイドあたりから
元気な70kmと歩け歩けの部が合流してきます。

「おかえりなさい」の声援と拍手が凄い!

まるで芸能人になったみたいです!

自分が人からこんなに脚光を
浴びることなんて絶対にありません。

ここまでの道のりがツラく、
完踏出来れば、もう出たくないなと思っていました。

しかし、
この声援を聞くとまた走りたいと思うぐらいパワーをもらいました。


 佐々並エイド 236.8km
《4日》時間不明

エイドは混んでいましたのでスルーしましたが、
たくさんの知人に声をかけてもらいました。

(応援から70km参加の宮内組長撮影)


声援もあり夏木原キャンプ場までは元気に進むことができました。


しかし、
ラストの石畳みの下り道はもう足が残っておらず
かなりツラかったです。

こんなに石畳み長かったかなと思いながら進みます。


石畳みを終えゴールまで約4km

時計をみると10時27分

11時までにゴールしようとするとキロ10分では間に合いません。

しかし、10時台のゴールを狙いたい!

最後の気力を振り絞って走りました。

本当、事場のくそ力ってヤツですね。

24分でゴールしたので
キロ6分で走ったみたいです(笑)


石畳みを下る時に、ゴール前の直線は
感無量で泣くだろうと思い、涙ぐみながら進んだのですが、

ラストの直線は時間との闘いだったので
感動に浸ることを忘れていました(笑)



おかげで汗ビッショ

40時間51分で無事にゴール!
(制限時間48時間)





初挑戦で不安だらけでしたが
しっかりと事前準備すれば攻略出来ることが分かりました。
攻略(携帯品・装備品)


納得の行くレースとなり予想以上の好成績でした。

ボランティア、大会関係者をはじめ、
大会で共走した方や、試走会をした仲間達

レース中では
たくさんの応援をいただきました。

全ての人に感謝です!


萩往還!
最高の大会です!!!



つづく


つづきもお願いします❤︎

マラソン・ジョギングランキング
このブログは現在何位でしょうか?
応援よろしくお願いします

萩往還の噂こちらも参考に!

萩往還250km 攻略(携帯品・装備品)

こんにちはニシムです

れの250kmを一発合格をするために、
ずいぶん色々な方の体験談やブログを読み漁ったものです。

自分なりにかなり研究して大会へ挑んだつもりです。

そのおかげで、無事に完踏することが出来ました。


これから250kmへ挑戦される方へ
少しでも役に立てればと必要な装備や注意点を書いてみました。

■■携帯品■■
ロキソニン

ウルトラマラソンの痛み止めの定番です。
ロキソニンは処方薬です。
ロキソニンSは薬剤師のいる薬局で購入できます。

※飲み過ぎの副作用にはご注意ください!

ガスター10

ウルトラマラソンでは胃腸をやられることが多いそうです。

レース中に胃がカムカした時に服用しました。

おかげでゴールまで胃腸がヤられることなく大丈夫でした。

ガスター10は薬剤師のいる薬局で入手出来ます。


ジェル


10~15kmごとの摂取するように心がけました。

ワタシにはザバスのピットインが合いました。

途中でもフタが閉めれるのでタベタせず良かったです。


強壮ドリンク


完踏者のブログを参考にして、はじめて初めて使用しました。

瓶は重いので携帯すると大変です!

油谷へ2本、宗頭に1本へ送り、萩市内で1本購入しました。

多少の睡魔は飛ばし、即効性もあり、
一時的に身体も復活します。

共走者もメガシャキよりはくといっていました。

ただ2日徹夜すると、効果も瞬間的なものに
なってしまいますので、その時は仮眠するしか無いと思います。

強壮ドリンクは想像以上に効果があったと思いますので
個人的には必須アイテムだと思います。


ワセリン

股ずれ防止に股やタイツのゴムが当たる部分、足の指に入念に塗りました。

必須アイテムですね。

理由はわかりませがワセリンを塗っていない
お尻の割れ目がなぜか終始、痛かったです。


キネシオテープ・ハサミ

足にマメが出来ると激痛で、カットバンでは
どうにもならないそうです。

その場合はキネシオテープでぐるぐる巻きにしないと
走れないらしくて常時携帯していました。

私は運良くマメも出来ず、使用する機会がありませんでした。

無事にゴール出来たことに感謝したいと思います。

※H29では足の裏の痛みで、使用しました。
装備していて良かったです。


歯磨き

可磨き粉が歯ブラシについてある使い捨ての歯磨きです。

眠気覚ましやジェルでベタベタになった時用にあった方が良いと
人のブログを参考にしました。

私は宗頭の風呂で使った程度で、
個人的には必須アイテムではありませんが参考に!


髭剃り

宗頭の風呂で髭を剃りたかったので持参しました。

おかげでサッパリしました。

個人的には必要でしたが必須アイテムではないと思います。

※H29の大会では使用しませんでした。


【マップ】
私はマップA4でコピーし、
半分に折って縮小版のマップを作成しました。

超必須です!

※H29の大会では使用しませんでした。
かわりにGoogleマップを作成しました。



■■装備品■■

シューズ

シューズ選びは本番ギリギリまで悩みました。

大会までにアシックスのサロマレーサーが欲しかったけど、
高い雨合羽を買ったので金欠に。。。。

私はアシックスのライトレーサー
(耐久性と軽さが売りで陸上部の練習靴と言われている)で
参加したしたがゴールまでマメも出来ず、爪も大丈夫でした。

大会で皆さんのシューズを見てみると、
アシックスではサロマレーサーが多かったですが
ターサーやライトレーサーも普通にいました。
(アシックスしか見分けられず笑)

強者は裸足やワラーチ!
※裸足は山口県の城市サンという方でした。

シューズは軽さ重視でもクッション重視でも
どちらでも良いでしょう。

新調した人はマメに苦戦していました。

結果、履きなれた靴が1番だと思います。


靴下

5本指で足裏にすべり止めが付いた靴下を使用しました。


タイツ

前半はCW-Xを着用。
宗頭以降はサポート機能のないReebokの
オシャレなタイツを履きました。


レインウェア

軽量・丈夫・快適さを求めてネットで随分探しました。

おかげで暴風雨を耐え抜きました。

宗頭以降の夜中の防寒着代わりにもなりました。

シューズを諦めるほど高価でしたが荷物軽量化にも貢献し、
とて役に立ちました。



サングラス

私はトレードマークなので必須なのですが、
今年は暴風雨だったので
何度も飛ばされそうになりました(笑)

晴れならお好みで!


ライト

必須アイテムです。
宗頭では必ず電池の交換をしましょう。

私は頭にライトつけると重たくなって
嫌いなので胸に装着しました。


手袋

今年はあまり冷えませんでしたが夜間は必須だと思います。


トレッキングポール

人それぞれでしょうが、
あれば疲労をやわらげてくれると言われています

私は登り坂が苦手なので活用しました。

ただし、
ルールで全区間、常備する者のみ使用可能です。
出来るだけ軽量な物を選びました。

私は120kmあたりから使用しました。

試走で千畳敷に登るのが大変だったから。

220km以降の往還道でも
威力を発揮出来たと思います。

私には必須でした。




リストバンド

準備していましたが、装着を忘れていました。
結局、大雨だったので必要だったか分かりません(笑)

宗頭に着替用にもう1つ送っていましたので宗頭以降は装着。

後半はスピードが出ませんので、
リストバンドの必要は序盤だと思いました。

あと天候次第ですが、、、





■■試走■■

コース

コースの大半は
googleのストリュートビューで見ることが出来ます。

コース前半の自転車道と後半の往還道はストリュートビューが
見れませんが、前半は人も多くコースは分かりやすいので
コースアウトすることは無いと思います。

後半の玉江駅以降は140kmと同じコースなどで、
ここも大丈夫だと思います。


西寺~玉江駅までのコースはgoogleのストリュートビューで
見れるのでしっかりと机上でシュミレーションしておく
必要があります。


私はコースが地元だという特権もありましたので、
数日に分けて試走をまた宗頭~虎ヶ崎までの間は
夜完走も実施しました。

おかげで迷うことなく走れました。


初参加の方は、夜完走となる西寺~豊田湖畔公園と
宗頭~玉江駅までは特に真っ暗で迷いやすいです。

出来るだけベテランか地元ランナーと共走しましょう。

※H29の大会では地図はスマホ管理しました。
Googleマップを作成しました。


練習

本番前に24時間走や100km走を
やっておいた方が良いらしいです。

私は大会3週間前に試走を兼ねて1人で100km走をやりました。

その時は60kmで足が売り切れ、走れなくなりました(涙)
残りはほぼ歩きとなり、約14時間かけての100km走と
なりました。


本番では、試走の成果があったのか分かりませんが120kmまでは
順調に足が使えたと思います。

ちなみに僕の走力は
サブ3.5を達成していません。《平成28年現在》






■■まとめ■■

・装備はとにかく軽く!!!
(コンビニで入手出来るのもはコンビニを活用する)

・旧油谷中と宗頭への荷物は計画的に。

・コースを出来るだけ把握しましょう。

・完踏者の体験記やブログを 読み漁りましょう。

・絶対に完踏するという 覚悟を決めて参加しましょう。

・共走ランナーと共に苦しみ 共に楽しみましょう!


以上が私が完踏して感じた覚え書きです。

マラニックは市民マラソンと違って
至れり尽くせりの大会ではありません。

事前準備や攻略を考えるところから大会は始まっています。

憧れの250km選手至高のウルトラランナーとしての
自覚をして大会へ参加しましょうね。


それでは皆さん共に完踏しましょう!

楽しみましょう萩往還!


最後まで読んでくれてありがとう❤︎

マラソン・ジョギングランキング
このブログは現在何位でしょうか?
応援よろしくお願いします