ニシムの往還道

1kmも走れなかった超不健康人間が市民ランナーへ変身!最近はウルトラマラソンにハマってます。
ニシムの往還道 TOP  >  ニシムのつぶやき >  不運なオラに携帯が戻ってきたよ

不運なオラに携帯が戻ってきたよ

携帯電話が戻って来たよ

まずは盗まれてはいませんでした

なぜ盗まれたと勘違いした
経緯など書いてみます


まず携帯を会社に持って行き忘れて、
帰宅してみると何処にもありません

嫁に聞いても解らず
嫁の携帯からかけても
着信するものの
どの部屋からも
鳴りません

探すこと2時間

オラの携帯はiPhoneなので
iCloudのサービスから
携帯の状況が解る事を
思い出したよ


さっそくPC起動して
iCloudで自分のiPhoneを探してみた

位置情報を発信して
地図を見て自宅付近が表示されると
思いながら地図をみていると...

予想外にも全く違う場所が表示され
目が点になりました


そこは自宅より20kmにある
行ったこともない喫茶店に
地図が示した

なぜ?


泥棒が入って携帯を盗んで
犯人が喫茶店にいるのだろうか?

しかし荒らされた形跡もないし
盗まれた他のものもなさそう


泥棒説はおそらくないと判断



その喫茶店の近くへは
オラが前日に仕事で行った

オラがその付近で忘れてきたのかな

でも無くなった当日の朝は
携帯のアラームで起きたので
それはないと思う

改めて考えながら
仮説を消去していると
余計に分からなくなる

偶然にも前日にその喫茶店の付近に
仕事で行ったし


最近、村上春樹の小説ばかりを
読んでいたので
真面目に現実と妄想の区別が
つかなくなってきた

でも携帯ないと仕事に支障は出るし
ブログも更新できないから...


はやく自分のもとに戻るために
喫茶店に突入するか
警察に連絡するしかないかなと思った

でも休日ないし、帰りは深夜だし
クレーム対応で仕事からは抜けれそうもないので

嫁チャンに相談するしかない


嫁チャンに仮説を説明すると

ある程度納得

嫁チャンもその喫茶店の存在は
知らなかったみたい


嫁チャンの職場はその喫茶店から1km先のあたり


オラが仮設を熱弁していると...

嫁チャン

「もしかしたら、朝ばたばたしてたから携帯を間違えてカバンに入れたかも」

確かにカバーが違うもの同じiPhoneだし
嫁チャンの性格からしてありえなくないかも

「で、そのカバンは?」って
オラが尋ねると

「職場に忘れてきた」

やっぱり

でも位置情報は1km先の喫茶店となると
カバンを盗まれた可能性が大

とりあえずiCloudで携帯が操作出来ないように
パスコードを設定した


翌日、嫁チャンが職場に確認行くとのこと、
無ければ喫茶店へ行くとのことで

仕事のオラは嫁にすべてを託す


翌日、夕方まで嫁チャンから連絡がないので
不安なまま連絡を入れてみると..........


携帯は嫁チャンの職場にあったらしい



まさか犯人が喫茶店から戻したのか

ただ単純にiCloudの位置情報の精度が悪いのかぁ
(1km先の嫁チャンの情報か前日のオラの情報が関係しているのかはわからないが、頼みますよアップルさん)


ただ電話の先では嫁チャンが怒ってる


それは

オラがツイッターで女性と
会話のキャッチボールしていたのを
見たらしいから


携帯が無事に戻ってきたものの
嫁チャンからボコボコにされるし

やっぱり不運が続くオラの実話な話でした


山口県 ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL